あなたを癒すアロマオイルのマッサージ教室サイトトップ >活用法・作り方  >> アロマオイルのトップノートとは?

アロマオイルの香りが効き始めたと感じる時間の早さと持続時間は、
アロマオイル トップノート
その種類によって違うって知ってましたか?


香りが効き始めるまでの時間の度合いのことをノートといい、

トップノートとは香りの立ち上がるのが早いことをいいます。


アロマオイルのトップノートに分類されるのは、
柑橘系やメントール系アロマオイルになります。

ということは、ゆずやレモン、ペパーミントなどがトップノートなんですね。


トップノートのものは、時間にして30分~2時間香りが持続します。


これに対して、ミドルノート、ベースノートというのもあるんですよね。

いわゆる、香りの立ち上がり時間と持続性がだんだん遅く長くなっていくんですけど、

これを知っておくとアロマセラピーの効果を最大限に活用することができると思います。


柑橘系といえばビタミンCが含まれているフルーツが主ですが、

体内でのビタミンCの効き目の早さと効果の持続時間は、

まさにトップノートと同じでサッと効いてサッと引くといった感じなんです。
アロマオイル トップノート
この辺が共通しているのが面白いなと思いました。


そうすると、異なるノートのものを数種類ブレンドしたアロマオイルは、

時間が経つにつれて香りかたに変化が出てくるということになりますよね。


これは例えれば、時間と共に色彩が変わる空模様のようなものだと思います。

当然香りは目には見えませんから、嗅覚で絶妙な香りの変化を楽しむわけですね。

そんな香りに癒される豊かな時間の楽しみ方、あなたも味わってみませんか?


cenweb1 at 07:16│clip!活用法・作り方